レイ・ガールの絵(ハワイのSUNNY WEEKS ART)

シンプルなモノトーン・ハワイアンアートSunny Weeks Art

LINEで送る
Pocket

モノトーンでハワイを表現する
SUNNY WEEKS ART

日本初上陸!

アロハ!
ハワイアン雑貨の通販ショップ
ホノルルマートです。

今日のブログは、
新しくホノルルマートにお仲間入りした

日本初上陸のハワイアン・アーティスト
SUNNY WEEKS ARTをご紹介します。

オアフ島マノア生まれで、
今はノースショアに住んでる生粋のロコ
SUNNY WEEKS(本名です)。

彼女は黒のインクペン1本で絵を描く、
とてもユニークなスタイルの持ち主です。

見れば見るほどにね、ハマるんですよ!

SUNNY WEEKS ART1

ハワイ育ちの生粋のロコSUNNY WEEKS。意外にもアートを始めたのは大学生から!

SUNNY WEEKSの生い立ち

サニーのお父さんは建築家で
お母さんはカウアイ生まれのフラダンサー。

幼いころから父親の事務所で
ブループリント(設計図)を見ては真似て
絵を描いていたそうです。

サニーのモノトーンの絵のスタイルの起源は
インディゴのインク1色で描かれる設計図。
面白いですね!

そして、お母さんのフラをとおして
ハワイの自然やカルチャーを吸収していって
成長していったそうです。

ハワイ大学ヒロ校でハワイ言語学を主に学び、
学生時代を過ごしていたサニー。

あるとき、突然何かを創りたいという衝動が
彼女を駆り立て、

(本人曰く)とんでもなく安いペンを買って、
その足でお祖母ちゃんの家で絵を書いたのが
最初の作品です。

これがサニーのアーティストとしての始まり。

SUNNY WEEKS ARTの絵2

右の2つのヤシの葉の絵は、ホノルルマートにプレゼントしてくれた絵です

黒と白だけのハワイアンアート

黒と白はわたしにとって全てを表してる。
そして対極を意味しているの。

善悪、明暗、幸せと不幸など。

自分にとっては大きなチャレンジだけど、
他にはないアートを創り上げたいという
熱意をもって描き続けてる。

そう話してくれたサニー。

一見シンプルで可愛らしい彼女の作品。

でも、
黒と白の色と題材同士のコントラストが
ユニークで新鮮!奥深さを感じさせます。

ヤシの葉の絵柄のハワイアン・エコバッグ(SUNNY WEEKS ART)

白い壁や布地に映えるサニーの絵。インテリアもファッションもオシャレ!

人柄は思いっきりカラフル(笑)
サニー(晴れ!)の名前どおり!

サニーとの出会いはインスタグラム。
ホノルルマートのことを凄い気に入ってて
フォロワーだったんです。

あるとき彼女からダイレクトメールがきて
一緒にやりたいってオファーがきたのが、
お仲間入りした経緯です。

アートはモノトーンでシンプルだけれど、
彼女はとても明るく凄い親切なんですよ!

ミドルネームのSUNNYのとおり、
ハワイの晴れの日の天気のような性格で、
いつも色々な話で盛り上がります。

バナナガールの絵(ハワイのSunny Weeks Art)4

ハワイの自然に癒される女性を描いた代表作バナナガールの絵
バナナガールの絵はこちら!

新鮮さを感じるハワイアンアート

ハワイアンアートのほとんどは、
ハワイらしいカラフルな色使いが多いです。

だからこそ、SUNNY WEEKS ARTのように
モノトーンのハワイアンアートは珍しくて、
かえってその個性が際立ちます。

オリジナリティにこだわるホノルルマートの
オリジナリティ溢れるアーティストたち。

新しい風を彼女がハワイから届けてくれて、
とても嬉しいし刺激を受けますよ!

彼女のアートが大好きな
ハワイのアーティストたちも少なくなくて、
今注目の若手アーティストの一人なんです。

ぜひ応援してくださいね!

ハワイのSUNNY WEEKS ART

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。